Ananda Oli
アーナンダ オリ 〜歓喜の音〜

2016年 01月02日 土曜日

2016年明けました!

2014.3.08 宮城県 通大寺にて奉納舞

明けましておめでとうございます!
みなさま、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

穏やかな気候に恵まれ、静かな年明けを迎えております。
2015年はテロや自然災害など恐ろしい事が沢山起こりました。自然災害とは言え、元はと言えば人間の仕業によって引き起こされた事ばかり、全ての行いは自らに返ってくるのですね‥これが因果応報。そして輪廻を繰り返し転生すると信じるならば、自らの行いを悔改めなければいけませんね。
一先ず、何事も無く静かな年明けを迎えられた事に感謝感謝感謝いたします。
大好きな演目シヴァ神を讃えた「Bo Shanbo」の中で「来ては去り、また来ては去る‥輪廻の苦しみから私達を解放=解脱して下さい」と懇願するデボーティーのくだりがあります。生きるとはそんなに苦しみを伴うものなのでしょうか‥
一先ず、今日がある事に感謝感謝感謝いたします。
みなさまの一年が何事も無く穏やかな毎日である事をお祈りいたします。
今年も一足一足踏みしめながら踊ります。どうぞよろしくお願いいたします。


今年は東日本大震災から5年目、人々の記憶からは薄れ、多くの支援もこの3月で打ち切りの予定です。冒頭の写真は、
2014年3月に4年目の法要で踊らせて頂いた時のものです。仙台 通大寺の金田諦応住職は通称ガンジー、?カフェ デ モンク“という出張カフェを運営。仮設にお茶やお菓子を届けながら、人々の苦しみに耳を傾けるそうです。
金田諦応住職は、Bo Shanboを大変気にっていらっしゃいました。メロディーも
ですが、、シヴァ神は全てを破壊し、その破壊から全てが再生される〜のくだり。被災地で、全てが破壊される〜と言う言葉は躊躇しましたが、敢えてこの曲を選び、その言葉を使いました。
その分、言葉に負けない様に全身全霊で
踊らせて頂きました。
南三陸町の海蔵寺は被害が大きかった地区で、お寺は遺体の安置所として使われ、その光景は地獄絵図そのもの、肉親の遺体と認識するのにも30分掛かったと
話して下さいました。
もしかすると、今年はまた宮城県の被災地を訪問する機会があるかもしれません。できる事しかできませんが、張り切っていきます!


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

categories

archives

links

profile

search this site.

others


Page Top