Ananda Oli
アーナンダ オリ 〜歓喜の音〜

2013年 05月24日 金曜日

三浦雄一郎80歳
やっぱり今、80歳が熱いと思う!
三浦雄一郎さんがエベレスト登頂に成功しましたね!!
すごいな…。若い人でも命を落とす人が少なくないと言います。体力だけでなく、気力だけでなく
、運も必要だし…あとは何が必要なんでしょうね。
私も10年前、15年前は、気力と体力があれば充分でした。
「もう駄目だ〜」と思った瞬間から気力が体力を補い、また一つ大きな山を越えられた。そんな力がある事を知った時は
驚きでした。
その後、気力が体力を補ってくれると信じて、相変わらずチャレンジングな踊りをしていたら、体力も気力も尽きる事があるんですね…。踊るのを止めてしまうか、このまま舞台上で気を失って、その場合は2度と目を開ける事は無いように…と願いつつ、そんな事を考える余力も尽きてから1時間以上踊り続けました。次の朝、布団の上で目が覚めた時、生きている事を確認して、踊り切った事に安心して、息が絶えるほどの苦しさを思い出して、涙が溢れました。生きてて良かった〜本当に恐ろしかった〜と。
自分の力を過信していました。「絶対に自分は大丈夫」と。あの時確かに体力、気力以上の何かが自分を動かしてくれていたとは思いますが、運が味方してくれていたと言うのか、それを神が降りてきたと表現するのか…。
自分を知る事が大切だと思います。いつ神が降りてくれるかわからないので、それを期待するばかりでなく、あまり見たく無いけど自分をしっかり見つめ、毎日の、一瞬の積み重ねが、揺るぎない、神の仕業としか思えない運気を運んでくれるのでしょう…。
三浦雄一郎さんは75歳で登頂成功してから、5年かけて、コツコツと努力を重ねてきたのでしょう…。まあ本人はそれを努力とは思ってないでしょうけど…。
出来ない理由ではなく、出来る理由を考えるそうです。前向きですね〜。
私もあれから5年振りのソロ公演を秋に予定しています(10月6日、高円寺・座にて)。色々な状況が重なり、5年も経ってしまいましたが、少しは自分を知る事ができ、良い時期なのではと思っています。
過去に2回、師ラクシュマンとデュエットした「ラーマヤナ」を1人で踊る予定です。1996年、ラーマ寺院でのラーマ生誕際で師が踊ったのを観たのが初めてでした。2回デュエットしたとは言え、1人で踊るのは容易くはないでしょう。65分間ですし…。私も出来る理由だけを考えます!

7月10日に菅原洋一のライブに行く事になりました!この80歳もコツコツ積み重ねた人だと思います。生で観てきますね〜!

とにかく!三浦雄一郎さん登頂成功おめでとうございました!


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

categories

archives

links

profile

search this site.

others


Page Top