Ananda Oli
アーナンダ オリ 〜歓喜の音〜

2012年 12月31日 月曜日

ヴィディヤクラス
今日は12月31日、いよいよ2012年の最後の1日です…。
今年中に今年度の活動を振り返りブログにアップしたかったのに…。年が変わっても引き続き2012年の活動は紹介し続けます。

先日12月26日はヴィディヤクラス最後の練習でした。ヴィディヤクラスって?ですよね。「ヴィディヤ」=知恵と言う意味ですが、特に高尚な学びのクラスと言う訳ではありません。ヴィディヤ スリニバサンさんと始めた古典インド舞踊とシネマダンスを融合させた、誰でも気軽に参加できるクラスでした。でした〜と過去形でご紹介するのも何ですよね…。
ヴィディヤとの出会いは、3年位前でした。突然電話で「いくらで踊ってもらえますか?」と聞かれました。内容を聞くと、南インドから聖母の来日があり、パフォーマンスを引き受けたけれど、近所のインド人を集めて練習をしてもどうにもならず、SOSを出してきた訳です。その聖母のイベントでは過去2回踊った事もあり、ギャラは要りませんと言ったらとても感動したようで、それからの付き合いです。ヴィディヤは私より2才年下の2人の子供を持つ主婦です。結婚して日本に来て10年になり、日本語もペラペラです。見た目も可愛らしく性格も明るいです。母親から踊りを習ったらしく、興味や知識があり色々な事を教えてくれます。ただ、練習をしない事が難点です。身体も硬いし、重いし…。
そこで、私が基礎を教えてあげる〜と始めたのが「ヴィディヤクラス」です。最初はヴィディヤの家でやっていましたが、近くの公民館を借りて、人を募集してクラスを開こうと言うことになりました。それでも半年もしないうちにヴィディヤは休みがちになり…来なくなってしまいました。
今、来てくれているのが、純子さん孝子さんの2人です。ヴィディヤのシネマダンスもやります〜とのうたい文句で募集したので、ヴィディヤがいないとどうかと思いましたが、続けて来てくれています。2時間のクラスの内、1時間半はウォームアップ、ストレッチ、マッサージをしっかり行い、残りの30分でバラタの基礎ステップと音楽に振り付けをしたフォークダンスを踊ります。
もう少し踊りの比率を増やしたいのですが、私自身もストレッチやマッサージが気持ち良くて止められず、なかなか増やす事ができません。それでもコツコツと続けた結果、一曲振り渡しが終わり、来年は披露できるようにブラッシュアップしている最中です。





クリシュナの踊りです。
写真は踊りの最後のポーズです。衣装が自然とクリシュナとラーダのようなので、クリシュナとラーダに役分けをしました。衣装は私が指示した訳ではなく、代々木のナマステインディアや横浜のディワリに行った際に、自分で選んできたものです。ウォームアップが済んで、踊る時間になると、毎回この衣装にササッと着替えて踊ります。
それも私が指示した訳ではないのですが、当然のように着替えて踊りに挑むところが可愛くていいな〜と思っています。
やはり気分から高めて行く事は大事だし、より美しさを望むのが踊りです…。

ヴィディヤは8月にご主人の転勤で一年間ニューヨークに行ってしまいました。もうすでにヴィディヤクラスにヴィディヤはいませんでしたが、何かの時にはヴィディヤに相談できると言う安心があったので、今は寂しいです。毎年恒例の発表会「サランガイ オリ(鈴の音)」、被災地支援活動「ウイリン オリ(命の音)」などなど、ヴィディヤに相談して一緒に命名したものが沢山あります。一年後にまた日本に戻って来てくれると良いです。
それでは皆様良いお年を!来年もよろしくお願いいたします。


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

categories

archives

links

profile

search this site.

others


Page Top