Ananda Oli
アーナンダ オリ 〜歓喜の音〜

2012年 12月21日 金曜日

冬物衣料届けてきました!
12月3日〜5日に冬物衣料を届けにいわき市に行ってまいりました。いわき市は福島県と言っても東京と気候はそんなにかわらず、2〜3℃低い程度です。




依頼主の大場さん(名前が勝夫なのでカツオちゃん(元漁師)と呼んでいます)は12月1日めでたく仮設住宅を脱出し、市が借り上げたマンションに引っ越しました。仮設は狭く、寒く、プライバシーなど全くなく、それによるトラブルで大変な生活だったそうです…。







皆さまから寄付して頂いた大量の冬物衣料は大変喜ばれました。新居は広くなったのでゆっくり仕分けをして、お仲間と分けるそうです。以前、仮設に衣類を運んだ際には、受け取り主のカツオちゃんは、「自分ばかり良い物を先に取って…」と言われた経験から、自分はいっさい手を着けないと言っていました…。今は誰もいないので、ゆっくり楽しんで下さい、とカツオちゃんのパートナーのマグロちゃんに渡してきました。マグロちゃんは早速、気に入った物をキープしながら仕分けをしました。1着混ざっていたパーティードレスにも興味を示していましたが、それを着てカツオちゃんとクリスマスパーティーにでも行くつもりでしょうか〜?





マグロちゃんは、7月から介護ヘルパー2級取得のための学校に行き始め、10月に無事合格しました。そして11月22日から近くの介護施設で働き始めたそうです。たまたま人員に空きがでて採用されたのは、とてもラッキーだったようです。とは言え、元は銀行員をされていたそうで、あまりの職種の違いに戸惑いはないのでしょうか…。お身体に気をつけて…

 いわき市内で津波の被害が大きかった薄礒地区に行って来ました。私は3回目ですが、10年以上私の公演で語りを担当して下さっている坪井美香さんが同行し、初の訪問でした。実際に見る光景は衝撃的だったようです。この日はあいにくの天候で波も荒々しく、津波を経験した方は思い出して恐怖を感じる事でしょう。私でさえ胸がザワザワしました。



堤防に描かれている絵は、ボランティアの方々が亡くなった方を弔うために描いたものだと思います。堤防だけでなく被害を受けた一帯が花などの絵で埋め尽くされています。





今後も被災した方々からの直接の声をお届けしていきたいと思います。
被災された方々から要望があった場合、皆さまにも広く協力を求めたいと思います。
興味のある方は山元までその意志をお伝え頂ければ必要な際にご連絡させて頂きます。
 冬もまだこれからなのでピンとこないとは思いますが、また春先にTシャツ、ブラウスなどの消耗品(女性ものM、Lサイズ、新品でなくても程度が良く、手入れがされているもの)を中心に支援を募る事になると思います。ご支援できる方はどうか心に止めておいて下さい。
よろしくお願いいたします。

震災が起こる半年前から福島に縁があり通っていました。今は踊りや物資での支援を行う事ができ、またその支援を支援して下さる方の温かさに触れる事ができ、幸せに感じています。

 公演のビデオ撮影でお世話になっている(株)ハイデーの沢田社長と支援DVD第2段を作成する予定でいます。第1段は古典舞踊バラタナティヤム2曲収録したもの(価格1300円現在も販売中)を販売し、売り上げを被災地支援活動に当てています。第2段は被災地の方々からのメッセージや現在の様子を盛り込みながら、ご協力頂いた方にもご満足頂けるものを目指して企画中です。11月に訪問した南相馬市の原町商店会会長の荒さんとも話しを進めています。
またご報告いたします。

今後ともよろしくお願いいたします。
山元彩子



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

categories

archives

links

profile

search this site.

others


Page Top